FC2ブログ
健康・漢方 2013.07.14 (日)
熱中症と五苓黄解
高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まります。
屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。


熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です
熱中症になりにくい室内環境
こまめな水分・塩分の補給
(特に高齢者、障害児・障害者の場合、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を)
こまめな体温測定(特に体温調節機能が十分でない高齢者、障害児・障害者、子ども)
通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却
扇風機やエアコンを使った温度調整
室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)こまめな室温確認、WBGT値(※)の把握

外出時の注意
日傘や帽子の着用
日陰の利用、こまめな休憩
通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える


急に暑くなった日は特に注意!
室内にいるときも注意が必要!

熱中症が疑われる人を見かけたら
1.涼しい場所へ避難させる
2.衣服を脱がせ、身体を冷やす
3.水分・塩分を補給する
4.自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう!

以上は、厚生労働省の熱中症予防リーフレットから抜粋しました

熱中症の疑いがある場合、又、熱中症を発症するかもしれないところへ出かける前に五苓黄解を是非、服用されることをおすすめします。
五苓黄解に入っている9種類の生薬がそれぞれに働き、その総合作用によって胃の様々な症状を改善し、正常な状態に近づけます

五苓黄解に入っている9種類の生薬
沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウウ)、桂皮(ケイヒ)、白朮(ビャクジュツ)、黄連(オウレン)、黄柏(オウバク)、黄芩(オウゴン)、山梔子(サンシシ)
9種類の生薬の働き
水分代謝の調整し、不要な水分を排泄する
激しいめまいを抑える
鎮静、胃を開いて嘔逆を止める
心身をやわらげる
体を温める、発汗、発散作用
整腸、止瀉等の作用
抗菌作用、抗炎症作用などがある
健胃整腸、腸内殺菌、打撲薬、解毒作用
解熱、消炎、止血、鎮静、降圧等
ドラッグ山光堂
ドラッグ山光堂
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://sankoudouyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/168-653d69b8