FC2ブログ
健康・雑学 2013.12.30 (月)

こじらせると厄介!

かぜは万病のもと
1.一般的なかぜなら、体の免疫力によって自然に治る
2.こじらせると、二次感染による合併症を招くことも
3.かぜと似た症状の他の病気にも注意が必要

かぜをひいてしまったら?
温かくして安静に水分補給も大切
安静にして休む
乾燥を防ぐ
水分を補給
消化の良い食事
かぜ薬の服用

お正月も風邪をひかないように、過ごしたいものです

    400_F_42559084_1m3IbF8kIjX4lviFM1yoaSqjq3eWFFv6.jpg
   ドラッグ山光堂
スポンサーサイト



健康・漢方 2013.12.29 (日)
冬の不調の予防・解消に
食べて温まる食養生
   
      無題

旬の食材&体質に適した食材を意識しながら、加熱料理していただくのがおすすめ。
体の内側から温めていきましょう。

旬×自分の体質で食を楽しむのが食養生
東洋医学には「食養生」や食医という言葉があるように、食は薬と同じぐらい大事なものと考えられています。
「病気や老化に負けない体をつくるには、食べることが基本です。その際に、地元で採れた旬の食材をいただくようにすることで、その季節に必要な栄養を補うことができます」と、渡邉先生。
冬が旬の食材には、必然と体を温める効果のある物が多いので、この季節、積極的に摂りましょう。
また、体質に適した食材もあり、それらの食材を食べることで、自分の弱いところを補ってくれるなどの働きも期待できます。
なお、温める食材として有名なしょうがは、胃腸に優しく、体質を問わず使うことができるため、渡邉先生もおすすめの食材です。
冬には冬の食養生で、不調を寄せ付けない元気な心身を手に入れましょう。
self doctorより

      無題

今夜は我が家も、かき味噌鍋にしました。
白菜、ニンジン、シイタケ、豆腐、ねぎ、かき
体が温まりました。
あと、2日ですね。
明日は、しめ縄を飾ります。


山光堂実店舗は、1日2日はおやすみさせていただき、3日9時からの営業となります。
      ドラッグ山光堂  
            
健康・漢方 2013.12.28 (土)
冬の養生は‘温め”がポイント!
血の巡りをよくして不調を寄せつけない
「冬の不調には、血行をよくすることが最も有効です。
血行が悪くなると、血液によって全身に運ばれていた酸素や栄養が行きわたらない状態に。
同時に、老廃物や痛み物質の排出も滞るため、肩こりや腰痛をはじめとする痛みなど、様々な不調を招きやすくなります」と
渡邉賀子先生
自分の体質や年齢によって対処法は多少異なりますが、温かい飲み物を飲んだり、ゆっくり入浴したりして体を温める養生は、全ての人に有効です。
   d0122248_1464613.jpg
  
今夜はゆきになりそう!
冷えてきました。
外に出るとチラチラと白いものが舞っています。
カレンダーもさびしくなりました。
2013年もあと、3日で終わろうとしています。
良いお年をお迎えください。や、来年もよろしく。と、
挨拶をして頂く、お客様が増えてきました。
今年のうちに、することが盛りだくさんです。
がんばらなくては
   

   illust430_thumb.gif

     ドラッグ山光堂  
健康・漢方 2013.12.26 (木)
漢方薬に使われる生薬って何?
植物など天然の産物を薬として用いるもの!

生薬とは自然界から採取した植物、動物、鉱物などの一部を利用しやすい形に加工し、薬として用いるものです。
現在、医薬品に使われている生薬の多くは植物性で、中にはショウキョウ(しょうがの根)、ケイヒ(シナモン)、ウイキョウ(フェンネル)のように、日ごろ食品やハーブ、スパイスなどとしてなじみ深いものもあります。
漢方薬は、これらの生薬を何種類か組み合わせて処方される薬のことです。
異なる薬効を持った生薬を調合することにより、複合作用で最適な効果が出るようにしています。
胃腸の不調によ句処方される漢方薬には、「安中(あんちゅうさん)」「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」「平胃散(へいいさん)」などがあります。
生薬はすべて自然のものなので、産地、気候、採取時期などによって成分の含有量や味、香りなどが大きく異なります。
また、加工方法によっても差が出てきます。
そのため漢方薬は、品質管理や加工技術が確かな、信頼できるめーかーのものを選ぶことが大切です。

self doctorより
       imagesCA93D97H.jpg
        (早く出さなくちゃ!)

            imagesCA58LF7P.jpg
          (2013年が行ってしまう!)

クリスマスが終わると年の瀬です。掃除もしたいし、片づけもしたい。
毎日があわただしく過ぎ去ります。
体調の管理を心がけましょう。

    ドラッグ山光堂

ドラッグ山光堂の年末年始のお知らせ!
誠に勝手ながら、1月1日(水)、1月2日(木)はお休みさせて頂きます。
年中無休でご注文はお受けしますが、12/28以降のご注文の場合商品入荷の都合上1/6より順次発送となります。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
健康・漢方 2013.12.26 (木)
漢方薬(胃腸薬)
漢方薬は生薬を原料とし、胃を根本的に元気にします。
一般の胃腸薬は化学的に合成した成分から作られており、体の特定の部位に働きかけ、胃液の分泌を活発にしたり、胃酸の出過ぎを抑えたりして、そのつど個別に症状を改善します。
これに対し、漢方胃腸薬は多数の有効成分を含んだ生薬を原料とし、「一つ一つの症状を単独でとらえるのではなく、全身の症状や体質を総合的にとらえて治療していく」という漢方の考え方を基本としています。
そのため全身に働きかけて自然治癒力を高め、胃が本来持っている消化や吸収の力を取り戻すことによって、胃の痛みやもたれなど、さまざまな症状を改善するのが特徴です。

全身に働きかけて自然治癒力を高め、胃が本来持っている消化や吸収の力を取り戻すっていいですよね。

     imagesCAF274C4.jpg
     ドラッグ山光堂
美容・健康 2013.12.25 (水)
冬至・初候
旬の草花
千両・万両
正月飾りとして縁起がいい千両、万両。
夏に小花を咲かせた後、実がなり、冬に赤く熟します。
千両は葉の上に実り、万両は葉の下にみがなります。
切り花に向くのは千両、鉢植えなら万両という違いはありますが、どちらもおめでたい正月にふさわしい彩を添えてくれます。

(日本の七十二候を楽しむ)
     無題
     (千両)


     imagesCAJXTZYX.jpg
     (万両)


千両、万両のお話が出たところで、今年の宝くじはどうされましたか?
私は使いたいところがあるので。3千円だけ買いました。
運よく当たることを願いたいものです。

    imagesCA9F1IBW.jpg

さてはて、今日はクリスマス!
サンタクロースはやってくるでしょうか?
大人になってもサンタさん来てほしいなあ!
トイプーすももさんのママがお店に来店されました。
すももさんのパパの誕生日が25日なので、プレゼントをお買い上げになりました。
なんと、大正製薬・サモンGX 60錠です。
パパさんにサンプルを飲ませたら、効き目があったそうです。(疲労回復でしょうか)
他のお客様、特に働き者の男性の方に人気があります。
すももさんのパパも忙しく働いています。
パパさん、ハピイバースデイ!
素敵な日に生まれたパパさん。
サモンGX が疲労回復に役立つように願っています

     imagesCAGLLC53.jpg

   ドラッグ山光堂
 クリックしてみてね  

楽天ブログ トイプーすもも こっちもクリックしてみてね!

http://plaza.rakuten.co.jp/sumo0401/diary/201310210000/
http://plaza.rakuten.co.jp/sumo0401/diaryall/
健康・雑学 2013.12.24 (火)
冬至
初候
乃東生ず(なつかれくさしょうず)
うつぼぐさの芽が出てくるころ。

   250PX-~1
   (うつぼぐさ・ウイキペディア画像)

年の瀬も押し迫り忙しい時期ですが、たまには休息も。

旬の魚介
まぐろ(くろまぐろ)
目も背も黒いから真黒というのが、まぐろの名の由来だそう。
縄文時代の海図化から骨が出土するほど、古くから日本人が食べてきた魚です。
本来の旬は冬。
江戸の昔には、保ちをよくするため実をしょうゆ漬けにし、その付けを握ったのが寿司ネタになったとか。

(日本の七十二候を楽しむより)

うつぼぐさ(生薬)
花穂は夏枯草(カゴソウ)といい日本薬局方にある生薬。主に中国、韓国で生産される。この生薬には利尿、消炎作用があり、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに用いる。
ヨーロッパにおいても民間薬に利用され、ウツボグサ及びタイリンウツボグサを肺病や胃腸の病に用いた。
名称
和名は、円筒形の花穂が弓矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることに由来する。
近縁の日本固有種に高山性のタテヤマウツボグサ(立山靫草、学名P. prunelliformis)がある。
(ウイキペディアより)

乃東生ず(なつかれくさしょうず)この言葉は、1年前もブログで掲載しました。
1年はあっという間に過ぎます。
年の瀬も押し迫り忙しい時期ですが、たまには休息も。
なかなかできないですね。
疲れがたまる今日この頃ですが、私のリラックス法はお風呂に入浴剤を入れることです。
忙しくてどこにも行けませんが、「旅の宿 にごり湯シリーズパック 」を入れて入浴すると、温泉地に行った気分にちょっとだけなります。
試してみてはいかがですか?

    20131018163304UBfWP-M.jpg

      
014732s_mini.jpg

     ドラッグ山光堂    
健康・漢方 2013.12.22 (日)
東洋医学が考える養生のキホン!
まずは「気」の管理から!
健康をチェックする指標
「気・血・水」
養生の第一歩となるのが、自分の体質や状態を知ること。
その指標となるのが、東洋医学が生命を構成する3大養素としている「気・血・水」です。
この3つは相関関係にあり、これらの量やバランスにより、その人の体質や体調が決まると考えられています。
「気」
生命活動を維持するためのエネルギー。
目には見えないが、全ての臓器や器官の原動力。
「血」
血液とその働きを指す。
血液が全身を巡ることで、全身の細胞に栄養と酸素を与えている。
「水」
リンパ液や汗など、血液以外の全ての体液と、その働きを指す。
全身に潤いを与えたり、老廃物を排出したりする。

ドラッグ山光堂

3つのバランスを保つには、まず生命力である「気」の働きを高めることが最優先とされています。
生まれつきもっている「先天の気」は加齢と共に減少するため、年齢を重ねるほど「気」の管理が重要となります

self doctor
日々の生活を見直すことは大切なことです。
無理をせずに私も、見直してみようと思います。
  
     
健康・雑学 2013.12.22 (日)
冬至(とうじ)
無題

冬至とは1年でもっとも昼が短く、夜が長いころのこと。
これから日が伸びていくので、古代には冬至が1年の始まりでした。
冬至梅(とうじばい)

梅といえば早春に咲く花という印象ですが、このころに咲くのが冬至梅。
一重咲きの白い花で、繊細な枝ぶりや上品な花の咲きようから、盆栽として好まれました。
冬至のころといえば、雪が舞い散ることも珍しくありません。

ひそやかな花のたたずまいから、趣のある雪中梅の情景がほの浮かびます。 
 梅の花降り覆う雪を包み持ち
  君にみせむと取れば消につつ
 
        
           詠み人知らず
(梅の花に降り積もる雪をてのひらに包んであなたに見せようと取ってみれば、すぐに消えてしまいます)

   imagesCA7PJS48.jpg

冬至はかぼちゃを食べます

   kabotya.png
健康・漢方 2013.12.20 (金)
疲れ知らずの体をめざそう
東洋医学の知恵で冬の不調を解消!
冬は何かと体調を崩しやすい季節です。
東洋医学でも‘気”が沈滞・消耗しやすい季節とされ、アンチエイジングの観点からも冬の養生は大切。
年齢や体質に合った冬の養生法を身につけましょう。


冬は気が消耗しやすく気血の巡りも悪くなる
東洋医学では、冬は寒さから身を守るため「気(エネルギー)」を消耗しやすい季節といわれています。
暑い夏のほうが消耗しやすいと思いきや、実は寒い冬のほうが体温を保持するために「気」を使い、エネルギー不足になりやすいのです。
そこへ、冬という季節がもたらす「冷え」や「乾燥」、首や肩の「こり」、イベントが多い季節ゆえの「暴飲暴食」、短い日照時間や慌ただしさによる「ストレス」といった要素が加わることで、心身は大きなダメージを受けることに。
冬に不調を訴える人はすくなくありません。

節目年齢が近づいたら、健康チェックを!
男性8年周期・・・8・16・24・32・40・48・56・64歳・・・・・・・・・・
女性7年周期・・・7・14・21・28・35・42・49歳・・・・・・・・・・・・・・

女性7年、男性8年周期の体の変化は、「黄帝内経素問」の上古天真論(じょうこてんしんろん)をもとにしたもの。
節目年齢が近づいたら、改めて自身の健康、食や睡眠などのライフスタイルを見直しましょう。
女性は小さな変化に気づきやすいのですが、男性は鈍感な傾向。
不調に気づいた時には‘未病”を通り越して病気になっているケースも少なくありません。
男性も30歳を超えたら、健康診断の結果を踏まえ、ライフスタイルを見直す心構えが必要です。

(self doctorより)
次回も東洋医学、「気、血、水」のバランスで自分の体質や状態を知るを報告します。
古くから説かれてきた、日々の生活の実践から自然治癒力を高め、病気になりにくく、病気になっても治りやすい心身にしていく養生の教えを学び自分の生活に取り入れていきたいものです。

      print-i207.png


  ドラッグ山光堂   
健康・雑学 2013.12.19 (木)
fc2未来の健康!
01322-450x337.jpg
未来の健康をつくるのは今だという自覚をもち、90年元気で生き続けるための健康づくりに取り組んでいきましょう。
ライフステージ別にみる女性の健康課題
20代・・・誤った食習慣やダイエットでやせの人が増え続けている
30代・・・運動習慣を身につけ喫煙習慣をなくしていきたい
40代・・・ホルモンバランスが変化し太りやすくなる年代
50代・・・生活習慣病やがんの発症リスクが高まる年代
60代以降・・・骨・関節系疾患の発症リスクが高まる

変化する女性のからだに対応した基準値を
女性ホルモンの影響を大きく受ける女性の体は、男性以上に年齢による変化が大きくなります。
適切な健康管理の為にも、健診などを通して年代ごとの体の変化を見逃さないしたようにしたいものです。

食事の代わりにお菓子を食べる女性も多いようで、やせているのに体脂肪率が高く、筋肉量が少ない人も。
20歳までにしっかりした骨格をつくらないと、将来、ロコモティブシンドロームになるのは必至です。
幾つになっても買い物に行ける丈夫な足腰と、料理を作る力こそが、女性が健康に生き抜くために必要な力であると津下先生はいいます。
年代ごとの課題をクリアし、90歳を超えてもなお、長持ちする体づくりをめざしていきましょう。

(self doctorより)
    imagesCAJIIV8N.jpg
    imagesCAAX9SZ6.jpg

そうですよね。自分の健康は自分で守らねば。
幾つになっても買い物に行ける丈夫な足腰と、料理を作る力をつけましょう。
自分の為にも、大事な人達の為にも。
  ドラッグ山光堂  
未分類 2013.12.19 (木)
2日間仕入れに大阪へ行ってきました。

久しぶりの大阪でしたが、、仕入れ先の担当者の方達に助けてもらいながら、完了しました。
開店から閉店まで2日間、ありがとうございました。
ドラッグ山光堂
健康・雑学 2013.12.17 (火)
名古屋で講習
日曜日は、名古屋で漢方薬の講習でした。
電車の中からの風景は、天気もよく、気持ちが良かったです。


  2013-12-15-11-14-38_photo.jpg
  (車窓から)

でも、四日市にくると、天気はこれから、雪が降って寒くなるのではと思うほどでした。  
  2013-12-15-12-01-00_photo.jpg
    (三重県内でも南と北では、すごく天気が違います)

お昼前の名古屋はいいお天気で安心しました。

  2013-12-15-12-38-29_photo.jpg

1時から5時まで講習でした。
講習終了時には、外は真っ暗でした。
  
   
  2013-12-15-17-22-24_photo.jpg
   (5時半頃の名古屋駅前)

今日の写真の中では、一番のお気に入りです。
じっと、この場所に立っていたい気持ちになりました。
夜汽車に‘ゴトン。ゴトン”ゆられながら、帰途につきました。
    
       ドラッグ山光堂   
健康・雑学 2013.12.14 (土)
ロコモとメタボの悪循環!
imagesCA9I2O56.jpg
こんなこと、言ってられませんよね。
私も自覚しなくてはいけません。

加齢により運動器(筋肉、骨、関節、神経)の機能が低下し、移動や日常生活に支障を来すことをロコモシンドロームといいます。
将来、寝たきりや要介護になる可能性が高い状態です。
骨や筋肉量のピークは20~30代。
40代からは筋力低下が目立ち始め、予防対策を行わないと、60代以降に思うように動けなくなってしまう可能性が高まります。
最近の研究により、メタボリックシンドロームの人はロコモティブシンドロームのリスクが高いことが分かってきました。
肥満の人は腰や膝へ過剰な負担がかかり、ロコモを誘発します。
腰や膝が痛むことで体を動かさずにいると、それが原因でさらに体重が増え、腰や膝の痛みが増す、という悪循環に陥ります。
運動や食習慣を見直し、早期にこの悪循環を断ち切ることが大切です。

(self doctorより)

    imagesCALZYINZ.jpg

ロコモ予防には、ウオーキングに加えて下肢を鍛える筋力トレーニングを行いたいものです。
  1. 片足立ち
  2. ストレッチ
  3. 背筋運動
  4. ラジオ体操
  5. 日常生活でもエレベーターやエスカレーターでなく階段を使う、掃除や洗濯をきびきびと行うなど、積極的に体を動かしましょう。
無理をせず、自分のペースで運動を続けることが大切です。

お客様で、ラジオ体操を始められた方がいます。
私も始めなくては。

     ドラッグ山光堂
健康・雑学 2013.12.13 (金)
どのくらいのペースで歩く?
心地よく汗ばむ程度のペースを目安に!


体的には、次の点を満たす強度を目安にしましょう。
運動中、正しい姿勢を保つことができる
ややきついと感じる
心地よく汗が出る
全世代を通して強度を問わず30分以上、週2日以上の運動習慣をもつことをすすめています。
推奨強度を満たし、かつ自分のペースで行うことができるウオーキングは、世代を問わず健康に役立つ運動といえます。
無理のないペースではじめ、慣れてきたら徐々に時間や強度を高めていくようにしましょう。


夫と2人で歩いた時期がありましたが、本当に3日坊主でした。
忙しい忙しいで毎日、流されています。
脳に与える快を求めて動くことが大切ですよね。

yjimageGRVR96QY.jpg


       ドラッグ山光堂   
健康・雑学 2013.12.12 (木)
歩き方の基本フォーム!
正しい姿勢と着地の仕方がポイント!
ウォーキングに特別な技術はいりませんが、正しいフォームを心がけることで、けがを予防し、効率よく運動効果を得ることができます。
姿勢・・・お腹を占めて、軽く胸を張る。腰が反り過ぎないように注意する。
視線・・・あごを引き、視線は前方へ。
腕・・・・肩の力をyori抜き、ひじを軽く曲げる。手を軽く握って前後にスムーズに振る。
歩幅・・・太めの1本選線上を歩くイメージで、大股で歩く。
着地・・・かかとから着地し、つま先に向かって足裏全体を使って重心を移動し、つま先で地面をける。
その他、シューズ選びも大切です。
クッション性がよく、自分の足のサイズに合ったものを着用しましょう。

(self doctorより 石橋英明先生)
ウォーキングすると快を得られそうです。
3日坊主は卒業したいですね。
→続きを読む?
健康・雑学 2013.12.11 (水)
健康ウォーキング!
メタボとロコモを予防・改善!

1.ウォーキングは健康維持・増進に有効な有酸素運動
2.正しいフォームで1回30分、週2回以上を習慣に
3.ロコモ対策には筋力トレーニングをプラス

ウォーキングを継続することで期待できる効果
ダイエット・肥満解消
体力の増強
肩こり、腰痛の改善
自律神経を整える
便秘解消

脳の健康にも役立つウォーキング

有酸素運動を一定時間行うと脳に酸素が行きわたり頭がすっきりしてきます。
また、幸福を感じるホルモンであるセロトニンが分泌され、精神の安定が得られます。
外を歩くことで気分転換になるなど、ウォーキングはストレス対策にも有効です。
さらに、ウォーキングを続けることで認知機能が改善することや認知症予防にも効果的であることが分かっています。

(selfdoctorより石橋英明先生

健康ウォーキングで一歩を踏み出さなければ行けない。
メタボやロコモに一直線かもしれません。
反省。反省。

   metabo03.jpg

   ドラッグ山光堂
健康・雑学 2013.12.11 (水)
大雪・初候
旬の魚介

ぶり
寒ぶりといわれるように、寒い季節ほど脂がのっておいしいぶり。
旬は12月~2月。
古くから伝統行事などに用いられてきた魚です。
よく脂がのったぶりは、昆布だしのしゃぶしゃぶにすると◎。
何度煮返しても美味 ぶり大根
大根を2センチほどの輪切りにします。
ぶりはサッと湯通しして冷水にとります。
鍋に水、酒2カップ、しょうゆ1カップ、砂糖適量とスライスしたしょうが、大根とぶりを入れたら、落しぶたをして2時間ほど煮てできあがり。
みつばや白髪ねぎを添えていただきます。

(日本の七十二候を楽しむより)
fish_buri.png

昨日のふろふき大根料理、今日はできず冷蔵庫の中で大根が眠ったままでした。
代わりに母に、かぶらのすずけをもらって、夕食の一品にしました。
ビタミンたっぷりの鍋もかぜ予防になりますよね。

寒かったり、あつかったり、鼻ぐすぐすしてませんか?
ビタミン補給。うがい、手洗い。お願いします。

    
ドラッグ山光堂  
健康・雑学 2013.12.10 (火)
大雪・初候
fy-P6.gif

閉塞く冬と成る(そらさむくふゆとなる)
天地の陽気がふさがり、真冬が訪れるころ
重たい灰色の雲に覆われた空は雪曇り(ゆきぐもり)とよばれます

imagesCA5480GO.jpg

候のことば
ふろふき大根
寒くなるとおいしくなるのが大根。
晩秋から初冬が旬です。
江戸っ子の味は白首大根(しろくびだいこん)といわれ、ピリッと辛みが身上。
甘みが強く栽培しやすいことから広がっているのは青首大根。
古事記などに登場する「おほね」が大根と漢字をあてられたのが語源とか。
寒い冬の晩には、熱々にゆでた大根に、練りみそをつけて食べるふろふき大根がおすすめ。
あったまります。12月9日は、京都・了徳寺の大根だきの日。


      imagesCA0B359U.jpg

おいしそうなふろふき大根。
今夜の食卓にいかがですか?
私も今日は、挑戦してみようかなと思っています。

    ドラッグ山光堂 
健康・雑学 2013.12.08 (日)
大雪(たいせつ)
大雪とはいよいよ本格的に雪が降り出すころのこと。
降雪地方では、雪の重みで木が折れないように雪吊りをします。

雪の名前
雪の結晶は花のよう。
雪の花、六華(りっか)、銀花(ぎんか)などと昔の人が呼んだ気持ちがわかる気がします。
降り積もった一面の雪景色を眺める雪見は、江戸時代の粋人たちに好まれたそう。
木やポストの上にちょこんと積もった雪を、冠雪(かんむりゆき)と。
また木の枝から雪がすべり落ちるのを、垂雪(しずりゆき)といいます。

雪の日も窓をあけてこのひとと
光をゆでる暮らしをします
  雪舟(ゆきふね)えま
日本の七十二候を楽しむより

lgi01a201311290600.jpg

雪が降ってくると、何もかも真っ白にしてくれるような幻想に陥ります。

     ドラッグ山光堂  
健康・雑学 2013.12.07 (土)
快食療法!
脳を健康にする「快食療法」の極意
1.時間にとらわれず、心地よい空腹感が起きてから食べること
2.体に良いか悪いかでなく自分の味覚を優先し食べたい物を食べる
3.他のことをしながらではなく、おいしく、楽しく食べることに集中
4.食べ過ぎてしまった時も、罪悪感はもたないこと。
5.食べ終わったら、「ああ、おいしかった」と声にすると、満足感が倍増


太るのが心配という人もいますが、肥満した野生動物なんていませんよね。
本能で生きる彼らはお腹が空いたら食べ物を探し、空いてない時に無駄に食
べたりはしない。快食療法は乱れている人間の本能を本来の形に戻し、正し
い食欲と共に、心身の健康を取り戻すものなのです」

横倉先生selfdoctor

私も肥満が気にならず、食べれたらどんなにいいかなあと、思うのです。
食欲がコントロールできないのは、脳が疲れているかもしれない。
それで、「快」を求めるため、空を見上げたり、きれいなもの感動するものを
求めているのかもしれません。

fspring03_a24.png
ドラッグ山光堂  
健康・雑学 2013.12.06 (金)
快を感じて脳を元気にする!
body_nou.png

本能に働きかけることで脳は元気になる
「心身の健康にとって大事なのは”快”です。感じる脳に直接働きかけることで脳は元気になります」と、横倉先生はおっしゃっています。
一方で、脳が疲労している時は、休養と共に快食や快眠を心がけ、脳にエネルギーを補給することが大切だと言います。

”快”は日常の中でたくさん感じられるもの。
例えば、朝起きて顔を洗う時に気持ち良いと思うことも”快”
毎日、たくさんの”快”を感じよう

快眠
・・・しっかり寝て、脳にエネルギー補給
快食・・・
快い空腹感を快く満たして、エネルギー補給
休養・・・情報過多になりがちな現代は、体を休ませると共に、目や耳から入ってくる情報をシャットアウトすることも大切。
とはいっても、現代人が本能を優先して生活するのは難しいこと。
「お昼休みにお腹がきちんと空くように、朝ご飯の時間や量を調節するなど、そこは知恵を使って。
理性があるのは人間たるゆえん。理性と本能をバランスよく使い分けることが大切です。

selfdoctor
健康・雑学 2013.12.06 (金)
介護
この頃、お客さんの中にも両親の世代の方達のお話をよく聞きます。
痴呆になった人、なりかけの人、転んで骨折をした人、実家で一人になった高齢のお母さんの生活を心配している娘さん。自分もそんな年齢になったんだなあとしみじみ思います。
来店される高齢の方も多いです。
元気で長生きしてね。と、声をかけます。
自分もそうありたいから。
私の父は90歳、母が84歳年があければ、すぐ、85歳なります。
昔からのお客さんは、両親が自宅で暮らしていることを、幸せだ、と言ってくれます。
母の写真を見せたお客さんは、昔とは違う化粧っ気のない母の顔を見ても「奥さんが笑ってるー」と、喜んでくれました。
たくさんの人達、ヘルパー、看護師、理学療法士、ケアマネ、姉妹、孫、従姉妹達の手助けを受けながら、毎日、暮らしています。
そうかもしれません。
施設や病院を考えなくてはならない年齢です。
過去の幾度かの病院生活を経て今があるのですが、平穏な日が続くよう祈るばかりです。
90歳の父が、今夜の介護の後で電気を消したら「おやすみ」と言いました。
言葉が不自由になってから毎晩、あまり聞いたことがなかったのですが・・・・・
いろいろありますが、両親が心静かに笑って過ごせることが両親にとって、私達家族にとっていいことなんだと、お客様に教えられた日でした。
と、文章にしたら、なぜか涙がでてきてしまいました。
健康・雑学 2013.12.04 (水)
脳にウケるおもしろ雑学2
今日も脳トレです。
1.運動をしないと、カルシウムを摂っても骨はやせ細る。なぜか?
2.折れた骨はどのようにして戻るか?
yowai_born01.jpg

1.1970年、18日間の宇宙長期滞在を終えた旧ソ連のソユーズ9号宇宙飛行士が地上に帰還した時、出迎えた医師団は、そのあまりの変わりように驚愕した。
飛行士たちは地上に降り立つことすらできず、また、その筋肉は激しく削げ落ちていた。
われわれの体を支える骨はがっしり安定して見えるが、実は、古い骨は日々壊され、新しい骨が生まれている。
運動で筋肉を動かすと、骨は引っ張られ、押され、圧力を受ける。
この圧力を跳ね返す形で骨細胞が活動し新陳代謝が進むのである。
宇宙飛行士は狭い無重力空間でじっとしていたので筋肉が衰え、骨の新陳代謝が行われずやせ細ってしまったのであった。

geka_005.gif
2.骨が折れると中の血管が破れて血液の塊ができる。
折れた部分をもとに戻して固定しておくと、この塊が骨の隙間を埋め、細胞増殖を起こす肉芽という組織になる。
この肉芽がやがて骨に変化していくのである。
血液が骨になっていくのだ。

無題
(坪内忠太 著)
運動で筋肉を動かすことが重要なのですね。
毎日、少しずつ、筋肉を動かそう。
   ドラッグ山光堂

       
健康・雑学 2013.12.03 (火)
雑学
脳にウケるおもしろ雑学
久しぶりに、「脳にウケるおもしろ雑学」(坪内忠太 著)を開いてみた。
1か月もたたないうちに、新しい年になります。
気になるものをピックアップしましました。
クイズ形式の以下の問題を自分なりの答えを考えてから、答えを読む。
たったそれだけで、答えが正解なら、あなたの脳は喜び、ハズレでも、その答えの意外性に驚き刺激されます。
脳は「わかった!」という瞬間、喜びを感じ、その喜びが脳を強くし、たくましくします。と、作者は述べています。

1、神社の境内には、なぜスギが植えてあるか?
2、物事が無事終わったとき、なぜ、「手締め」をするか?
1、花粉症のせいですっかり嫌われものになってしまった。
しかし、花粉症の原因となっているのは戦後に植林された西洋スギで、昔から生えている日本スギではない。
神社の日本スギはよく見ると先が尖っている。
これは鉾(ほこ)スギともいい、鋭く尖った天辺に神様が降りてくると考えられている。神様の目印になる神聖な樹木である

     imagesCAH5FU1F.jpg
     imagesCAX4QHH1.jpg

2、物事が無事終わった時、そのことが大事であればあるほど、関係者一同神様に感謝したくなる。
日本の神様は「霊(たま)振り信仰」なので、感謝するといっても、その前に神様にしっかり目覚めていてもらわなくてはならない。
神社で礼拝の前に鈴を鳴らし、柏手を打つのは、神様に目覚めてもらう「霊振り」のためにやる。
だから、何かが無事終わった時も、皆でパンパンと「手締め」で「霊振り」をやり、その後感謝するのだ。

   imagesCAE36HL4.jpg

なるほど、脳が刺激された感じがします。
脳が忘れないでいますように。
   


     ドラッグ山光堂  
健康・雑学 2013.12.02 (月)
小雪・末候
橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)
橘のみがだんだん黄色くなってくるころ。
冬でもあおあおとした常緑樹で、万葉集にも登場します。

候のことば  
古くから日本に自生していた常緑の文字色木。
国内の柑橘系で唯一の野生種とされています。
古事記や日本書紀において、不老不死の実、非時香果(ときじくのかくのこのみ)として登場するのが橘ともいわれ、冬でも葉があおあおとして、まばゆい黄色の実をつけることから、古の人には、枯れることを知らない永遠の象徴のように映ったのかもしれません。

 橘は実さへ花さへその葉さへ
  枝(え)に霜降れどいや常葉の樹
 
   聖武(しょうむ)天皇

12月に入り、自分も周りも急にあわただしくなりだしています。
皆さんはいかがですか?
お歳暮、年賀状、クリスマス、おせち、1年の最後の月はなぜこんなにも、忙しくなるのでしょうか?
体調を崩しやすいので気をつけましょう!

山光堂抽選会が始まりましたが、1日目に銀賞が出ました!
       2013-12-01-15-15-16_photo.jpg
       瀬古さんおめでとうございます! 

ところで、1日に実施された冬の花火は、とてもきれいで感動しました!  
     2013-12-01-17-32-51_photo.jpg

   ドラッグ山光