FC2ブログ
健康・雑学 2013.05.31 (金)
次候
旬の草花
紅花(べにばな
黄色い花を咲かせ、紅の染料となる紅花。
古くは和名を、呉藍(くれのあい)といいました。
中国の呉の国からきた、藍色という意味。
そこから転じて、くれない(紅)となったよう。
紅花の花弁は上のほうに水に溶ける黄色の色素、下のほうに水に溶けない赤の色素を含んでいて、水にさらしては乾燥させながら、紅色にしていきます。

旬の行事
潮干狩り
暖かな初夏は、潮干狩り日和。
アサリや青柳、シオフキなど、くまでで砂をはじくって、貝を見つけたらバケツに入れて、麦わら帽子を忘れずに。

日本の七十二候を楽しむより

麦わら帽子というと、ついこのフレーズを歌ってしまいます。懐かしいなあ!青春の歌です。
夏休み
吉田拓郎 作詞/作曲


麦わら帽子は もう消えた
たんぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み

姉さん先生 もういない
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

絵日記つけてた 夏休み
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み

畑のとんぼは どこ行った
あの時逃がして あげたのに
ひとりで待ってる 夏休み

すいかを食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み
ひまわり 夕立 せみの声
スポンサーサイト



健康・雑学 2013.05.30 (木)
候のことば
五月晴れ

昔は梅雨のことを五月雨と呼んでいました。
旧暦の5月に降る雨だったからです。
なのでその時期のどんよりとした雨雲を、五月雲(さつきぐも)と呼び、雨続きの日がふっと途切れて現れる、抜けるような青空を五月晴れといいました。
ですが、いまでは新暦の5月のさわやかな晴れを、五月晴れと呼んでいます。
かつてといまで、暦の変化に従い、言葉の意味も変わっていきます。

巣から飛ぶ燕くろし五月晴れ  原石鼎


梅雨にはいってしまいました。
仕入の疲れがなかなか抜けません。この雨のせいでしょうか?
早くお風呂に入って寝る。これが、疲れをとる一番の方法かもかもしれません。
おやすみなさい。
健康・雑学 2013.05.29 (水)
次候
紅花栄う(べにばなさかう)
旬の野菜
しそ
しそは平安時代から重宝されてきたそう。
青じそは通年で回っていますが、本来の旬は初夏~盛夏。
赤じそは旬が短くて、夏の二か月くらい。薬味はもちろん、薬種やしそジュースにしても美味。
体を温める働きがあり、夏場の冷えに◎。
青じそはイライラを鎮め、赤じそは花粉症対策に。
葉先までピンと張り、みずみずしいものを選んで。

浸けて寝かせるだけ しそ酒
青じそとホワイトリカーを保存ビンに一緒に浸けて、冷暗所で3か月寝かせたら、しそ酒に。
飲むときは、はちみつなどを加えます。

日本の七十二候を楽しむより

しそ酒を飲んでみたくなり、作りたくなりましたので、レシピを調べてみました。
健康によく、おいしく飲めそう!

青しそ酒
風邪の季節に備えて作っておくと重宝します。
カープソース
材料
しその葉 80枚
レモン  2個
蜂蜜   カップ1
ホワイトリカー  1.8L
1 しその葉は洗って汚れをおとし、水気をふき取る。レモンは皮を取り、輪切りにする。
2 保存瓶にしそ、レモン、蜂蜜、ホワイトリカーを入れる。
3 漬けて3ヶ月でしそとレモンを取り、お酒を濾
す。
つぶやき 2013.05.27 (月)
ブログが消えた!
土曜日、日曜日と大阪に仕入れに行ってきました。
朝9時から夜7時まで、1日目休憩15分、2日目休憩なし、昼食抜きで歩き続けました。
お客様の顔を思い浮べながら、足は棒のようでした。
帰りの電車の中で、携帯電話で、ブログをアップさせようと打っていました。
8割ほど出来上がったときに、娘からラインが流れてきました。
アッと思った瞬間に、ブログが消えてしまいました。
ガックリ!もう、微調整だけだったのに。
人生何がおこるかわかりません。
その後は、力なく、ブログ作成画面を閉じました。
久しぶりの夜の電車の音、夜の車窓、走る灯り、ゴトゴトゴト、シュシュシュシュ。
心地よいゆれ。禁煙席だったので、空気は良かった。
駅をでて、車に乗り込むと、朧(おぼろ)月夜でした。
もやがかかったような、お月様が追いかけてきました。
忙しいながらも、走り抜けた2日間でした。
健康・雑学 2013.05.25 (土)
旬の野菜
そらまめ
桜の咲いた2か月後が、その地方のそらまめの旬だそう。
だからいちばんおいしいのは4月~6月。
鮮度が何よりなので、買ってきたらすぐに茹でます。
塩茹でにしても、さやのまま焼いても◎。
選ぶときはさやつきで、さやはすぐ黒ずむのでなるべく光沢があるものを

旬の虫
てんとうむし
背中に七つの斑点があるのは、ななほしてんとう。
黄色いのは、きいろてんとう。
あぶらむしや、うどんこ病の菌などを食べてくれる、てんとうむしは、人にはありがたい小さな味方


小さいころは、そらまめを生でたべたりしてましたね。ゆでて食べるのは今でも大好きです。
てんとう虫も小さいころは、良く見かけたのですが、大人になると、見えなくなるものが多くなるのかもしれません。毎日の生活に追われ見逃してしまう。季節の移り変わりもそうですね。
子供のころに見えていた物をわすれないように、時間をゆっくりすごしたいものです。
健康・雑学 2013.05.24 (金)
調理と味付けの工夫
同じような食材を使っていても、調理を工夫すると、ずいぶん、カロリーやコレステロールを減らすことができる

食物繊維をたくさんとる方法
  • サラダだけではなく、カサ(量)の減る炒め物やおひたしにする
  • 玄米を加えたごはん、ライ麦パンなどを主食にする
  • きんぴらゴボウ、ひじき、切り干し大根などのお惣菜は食物繊維の宝庫である
  • 具だくさんのみそ汁やスープをとる

ドレッシングに要注意!
フレンチドレッシング、イタリアンドレッシングより脂の少ない和風ドレッシングやスープをとる
マヨネーズはコレステロールが多く、カロリーも高いので控える
炒め物、揚げ物にはラードやバターではなく、べに花油やオリーブ油を使う
フッ素樹脂加工のフライパンを使うと、少量の油で炒めものができます

「コレステロールを減らす」油でもとりすぎは禁物です。

肉の上手な調理法

肉の脂身、鶏肉の皮は取り除きましょう
ひき肉やばら肉よりも、赤みの肉をとる
フライパンで焼くかわりに、網焼きで脂を落とす


自分の体、大切な人達の体が健康維持をするために、毎日の食べ物でいろいろ工夫をしながら過ごすことが健康生活の一歩です。食生活の問題点をチェックして1つずつ改善しよう。
健康 2013.05.23 (木)
コレステロールと食事の関係
コレステロールは体にとって必要な成分であり、2つの仕組みによって常に一定の量のコレステロールが体内にあるように調節されています。
その1つは体の中(主に肝臓)で作られるもので、もう一つは食事からの吸収です。
したがってコレステロール値の高い人は、2つの仕組みのどちらか、あるいは両方を抑えればコレステロールを減らすことができます。
食事療法を適切に行うと、2つの仕組みの両方に効果があります。
  1. コレステロールを多く含む食事を避けることで、コレステロールの摂取量を減らすことができます
  2. 食物繊維はコレステロールが腸から吸収されるのを抑える働きがあります
  3. ある種の脂肪(青背の魚、オリーブ油などに含まれる)の割合を増やすことで、体内で作られるコレステロールの量を減らすことができます
  4. カロリーのとりすぎや不適切な食習慣を改めることで、体内の脂肪の蓄積を減らし、コレステロールの量を減らすことができます


コレステロール値の話を聞いたりすると、健康診断に行ってないので不安になります。
今年の目標は、夫婦で健康診断に行くことです。
健康 2013.05.22 (水)
食べ過ぎた時の調節の仕方!
食事は1日3食を、ほぼ均等にとるのが理想的。
でも、会食や結婚式などでカロリーのとりすぎが避けられない場合もあると思います。
こうした場合、食事を1食抜くなど、無理に1日の中で調節する必要はなく、前後3日間の中で少しずつ量を調節して、全体として適切なカロリーや栄養のバランスになるように調節すればかまいません。
同じように、お酒やケーキを食べたからと、主食を抜くのもよくありません。
栄養バランスを悪くし、また食物繊維の不足にもつながります。
1日3食をきちんととりながら、1回に食べる量を調整すればよいのです。
会食などの場でも食べるのをがまんしたり、無理をして好きなお酒や甘いものを絶ったりするよりも、多少のメリハリがあった方が、食事療法は長続きするものです。
ただし、調節するのを先延ばしにして、毎日食べ過ぎ・飲み過ぎしていては元も子もありませんからご注意を。
監修 板倉弘重先生

食べ過ぎた時って、自己嫌悪とまた体重が増える~!という恐怖感で、体重計量!ストレス倍増です。
せっかく楽しい食事をしたあとなのに。気分がブルー。なんてことは、良くあることです。
無理に1日の中で調節する必要はなく、前後3日間の中で少しずつ量を調節して、全体として適切なカロリーや栄養のバランスになるように調節すればかまわないということであれば、ストレスもなくなる?かもしれません。
調節することが大事なのですよね。
健康・雑学 2013.05.21 (火)
小満
小満とは、いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。
草木も花々も、鳥も虫も獣も人も日を浴びてかがやく季節です

初候
蚕起きて桑を食う(かいこおきてくわをくう
蚕が桑の葉をいっぱい食べて育つころ。
美しい絹糸となる眉を、小さな体で紡ぐのです。

候のことば
木の葉採り月
ちょうどこの時期にあたる旧暦の四月には、木の葉採り月という別名があります。
蚕のえさである木の葉を摘むころ、という意味です。
養蚕は戦前まで日本で盛んで、たくさんの桑畑が広がっていました。
蚕は美しい糸をはいて繭をつくり、その繭から絹の糸がとれます。
東北では蚕の神さまを、おしらさまと呼んでいました

まゆひとつ仏のひざに作る也
小林一茶
旬の魚介
きす
漢字では、魚篇に喜ぶとかく鱚は、江戸前天ぷらの代表格として江戸っ子に愛されてきた魚。
旬は晩春から初夏にかけて。
雪のような白身に脂がのって握りでいただいても絶品です。


小満とは、いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。
草木も花々も、鳥も虫も獣も人も日を浴びてかがやく季節です。
この季節って、昔からそういう季節なんだと、改めて、実感しました。
新しい事を始めるには、いい季節かも知れません。前進あるのみ。
健康・雑学 2013.05.18 (土)
老子上善の言葉
上善若水
上善は水の若し(じようぜんはみずのごとし)
最上の善とは水のようなものだ
老子の名言のなかでもよく知られることばのひとつで、越後のお酒の銘柄にもなっています。
水は万物に恵みを与え、しかも争うのことをしない。それでいてだれもが嫌う低いところにとどまっている。ゆえに水は「道」に近い、と老子は言っています。
住まいはしっかりした土地の上へが良く、ものの考え方は奥深いのが良く、言葉は誠実であるのがよい。
政治はよく治まり、事の処理能力は高く、行動においては時を誤まらないのがよい。
老子上善の言葉より

心の疲れがすうっと消えるという言葉ににひかれ、買ってしまいました。
健康・雑学 2013.05.16 (木)
竹笋生ずたけのこしょうず
たけのこがひょっこり出てくるころ
伸び過ぎないうちに、とれたてをあじわいましょう

候のことば
旅の日
松尾芭蕉が「おくのほそ道」へ旅立った旧暦の元禄2年(1689年)3月27日(旧暦の5月16日)にちなんで、この日を旅の日と。
東京深川の芭蕉庵を離れ、弟子の曾良(そら)を伴って、東北や北陸の地を訪れては句を詠んでいきました。
5月は旅するのに気持ちのいい季節。

月日は白代(はくたい)の過客(かかく)にして行きかう年も又旅人也
松尾芭蕉「奥の細道」より
(月日は永遠の恋人であり、過ぎゆく年もまた旅人である)
旬の野菜
たけのこ
たけのこごはんに、若筍煮、お吸い物、とれたては刺身にも。
筍の旬が訪れると、芳しい野の香りやしゃっきりとした歯ごたえに、今年もこの季節が来たんだな、とうれしくなります。もっとも出回っている孟宗竹(もうそうちく)という品種が春先の3月中旬から、日本原産の真竹が5,6月に旬を迎えます。選ぶときは、小ぶりでずっしり、切り口がみずみずしいものを。

日本の七十二候を楽しむより

月日は永遠の恋人であり、過ぎゆく年もまた旅人」芭蕉ならではと、思います。思っていても、なかなか言葉に出せないし書けないのですが、芭蕉の句を読んでみたい気持ちになります。一足飛びに芭蕉の世界が広がります。
筍は、この季節が来たんだなと思わせるところがあります。子供のころは、祖母が、この季節になると、筍、わらび、いたどりの煮物、みそ汁、を毎日のように食べさせられていましたが、好きでしたね。梅から桜、それから、周りが新緑の季節になり、山菜が採れてくるのです。祖父母の顔も思い出も懐かしいです。筍からの連想。
健康・雑学 2013.05.14 (火)
苺・いちご
旬の果物
苺の旬は5月~6月。
1日10粒食べたら、ビタミンCをたっぷりとれてかぜしらずです。
そんな苺はフルーツと思われていますが、栽培上はなんと野菜!
幼いころ、苺にサトウとミルクをかけ、スプーンでつぶして食べたことはありませんか?
ヘタをとってから洗うと、大切なビタミンCが流れてしまうので、洗うときはヘタをつけたままで。

旬の野鳥
ほおじろ
頬が白いことから名前に。
一年中いる鳥ですが、4月~7月に繁殖期を迎えます。
見かけるのは、草原や田畑。
澄み渡る独特の鳴き声に近いことばをあてはめる聞きなしでは「一筆啓上仕り候。いっぴつけいじょうつかまつりそうろう」や「源平つつじ白つつじ」などとされているほど。
でも本当にそんな不思議な鳴き声に聞こえるのでしょうか?
ちなみに5月10日~16日は愛鳥週間です


苺は、甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある(ウィキペディアより)
苺は果物だと思い込んでました。食卓にもっと出そう。野菜不足で悩む主婦としては、朗報です。
家族皆、苺大好きです。
ほおじろのお話も面白いですよね。
窓を開け放し、小鳥の声に耳を傾けてみよう。明日は。ほおじろの見分け?聞き分けができるでしょうか?
健康・雑学 2013.05.13 (月)
本を読む
最近、本を読んだことがありますか?
推理小説が好きでよく読みましたが、母となり、仕事を持つとなかなか読めなくなりました。
仕事をやめたら、自分の好きな本を読めるのではと思ってました。
4.50代の時に、仕事でお会いした方で額縁を作っていた会社の社長さんに言われたことがありました。
「今、若いときに本を読んでおかないと、年をとってからでは読めなくなるよ」と、言われました。視力も落ちてないし、「目薬の木とブルーベリー」は飲んでいるから大丈夫と思っていましたが、やはり、社長さんが、おっしゃられていたことは本当でした。読めない!読んでいても、ページが進まないのです。
根気がなくなったのでしょうか?
若い時にやはり、読んでおきたかったですね。
「あなたの中に眠っている発想力を引き出すために」という帯に惹かれて買ってしまった本が進まないので、自分自身にくやしいです。まあ。ゆっくり挑戦してみることにしますが、若い時に本は読んでおくべきですね。やはり、社長さん。


苺(いちご)
美容・健康 2013.05.12 (日)
紀の川良子さん来店!
先日、店(山光堂薬品)に東紀州を代表する演歌歌手、紀の川良子さんが来店されました。
以前、紀の川さんが「旅ちゃってごめんね」の収録に来店されてから、何度となくお越しいただいてます。
ビトケン酵素がお気に入りです。
お肌や体の調子が良くなったとお聞きしていました。
今回、お会いした時、何か違ったかんじがして、痩せられました?と、お聞きすると、お腹とか体重が気になりだしたので、ビトケン酵素を使い痩せたのだとおっしゃるので、その方法をお聞きしました。
朝食はビトケン酵素だけにし、昼食夕食は普通に、そして、夜遅くに間食しない。
という方法で4キログラム、簡単に減量できたとのことでした。お腹の周りが細くなったと、おっしゃってました。
最近、ビトケン酵素を飲むのをさぼっている私には、刺激がありました。
体重増加傾向の私も真似をしてやってみようと思っています
二人で写真を撮りました。ブログに載せてもいいとおっしゃっていただきましたが、写真を見ると、あきらかに
お肌つやつや、スリムな紀の川さん。隣で大きな体の私が笑っている。とても、ブログには載せれない! 
私も痩せてから、もう一度紀の川さんと写真を撮ってもらって、その時に公開したいと思います。
それまで、頑張ります。
健康・雑学 2013.05.11 (土)
「もの忘れ」をするとき、しなくなるとき
「脳に記憶を固定させる」イメージが、もの忘れを防ぐ。
脳の中ではつねに情報が行き交じっているのですが、その情報を受けたり伝えたりしてるのが神経細胞なのです。
記憶の正体は、神経細胞と神経細胞をつなぐシナプスの組み合わせなのです。
(シナプスとは神経と神経、または神経と筋肉などの器官との連結部分。シナプス間隙という隙間があり、信号伝達物質を介して信号が伝えられる)。

記憶が大脳に一度固定されると、忘れることはありません。
時間とともに新たな記憶が重なっていくため、古い記憶が取り出しにくくなるだけなのです。
これが「忘れる」ということであり、「ど忘れ」として私たちを悩ませているのです。

視覚や聴覚などの感覚器官から入ってきた情報や頭の中で考えた情報は、脳の海馬を通って記憶となります。
ただ短期記憶として固定される前に、余計な刺激が加わると、情報は記憶されにくく(忘れやすく)なります。
余計な刺激とは、突然の電話や来客、テレビの音など外部からの刺激の場合もありますし「どうせ覚えられない」とか「早く終わらせて遊びに行きたい」などといった雑念も余計な刺激といえます。
長期記憶としてしっかり固定するためには、記憶の回路を繰り返し使う必要があります。繰り返し使うというのは、繰り返し思い出すということです。
大切な情報は一度聞いて覚えたつもりになるのではなく、メモに書くなどして、繰り返しその記憶の回路を使うことで、「物忘れ」を防ぐことができます。
物忘れを90%防ぐ法より抜粋

物忘れを防ぐ方法を学生時代から、知っていたら、もう少し覚えることも楽になっていたかもしれません。
「記憶力が悪くなった・・・・」と嘆かず、脳を使ってない証拠なのだそうです。脳を使ってみることにします。
メモに書き、繰り返してみることにします。
健康・雑学 2013.05.10 (金)
立夏
次候
蚯蚓出ずる(みみずいずる)
みみずが土の中から出てくるころ。
土を肥やしてくれる、田畑の隠れた味方です。

候のことば
母の日
母の日は5月の第二日曜日。そもそもはアメリカから渡ってきた記念日です。
母をなくした一人の女性が、追悼の会で列席者に白いカーネーションを配ったそう。
それを知った大統領が、国の記念日に定めました。
母の日には、母が健在な人は赤いカーネーションを贈り、母がなくなった人はお墓に白いカーネーションを捧げますが、いまでは母の好きな色のカーネーションを贈ることも。

旬の魚介
いさき
初夏の魚、といわれる、いさき。
旬は5月~8月で、夏に向けて脂がのってきて、食べごろです。
塩焼きはもちろん、一夜干しも美味。
旬を逃がさず、握りで味わうのもおつなもの。
厚みのある皮は、役と旨味がいちだんと増すので、まずは塩焼きがおすすめです

日本の七十二候を楽しむより

今日は、午後から雨が降り出しました。
青い空とはうってかわり、くらくよどんでいます。
よどんだ空気を吹き飛ばす、母の日が近づいています。
母の日の思い出は、小学校の時に、買ったのか買わされたのか覚えがありませんが、造花のカーネーションを胸につけて、学校から帰り、それを母に渡したことです。
あまり、嬉しいとか喜ぶとか、感情を外に出さない人でしたので、贈り物で思い出がありません。
現在、母は84歳、89歳の夫と二人暮らし、よたよた歩きながら、ぶつぶつ言いながら、たくさんの人の助けを借りて、元気で暮らしています。
元気で長生きが一番です。今年は、何を贈りましょうか?
健康・雑学 2013.05.09 (木)
立夏
今日は、昨日と変わり朝からたいようの光が強く暑いと感じます。
昨夜介護に行くと、寒いと暖房をかけていました。

五風十雨(ごふうじゅうう)
5日に一度風が吹き、十日に一度雨が降るような順調な天気のことをいいます。
そこから転じて、世の中が平穏無事という意味も。
この季節にかぎらないことばですが、春から初夏へと変わる気持ちのいい陽気の時期にぴったりだとおもいませんか?

旬の草花
藤ふじ
4月の終わりから5月の初めにかけて、花開きだす藤は、万葉集の昔から人の心を惹きつけてきました。
藤のつるは、編むとかごやバッグができます。
藤波の咲きゆく見ればホトトギス
鳴くべき時に近づきにけり
田辺福麿呂たなべのさきまろ
日本の七十二候を楽しむより

五風十雨という言葉ははじめて知りました。
風も最近よく吹きましたよね。
今年は、異常気象じゃないかと心配したりしてますが、春から初夏へと変わるための道なのかと思えば、心配も小さくなったり気持ちよく、今日の天気のように過ごせそうです。

携帯から朝、作成した記事を、夜、パソコンで夜校正しましたので変更されてます。

健康・雑学 2013.05.08 (水)
自分のため、家族のため家庭内備蓄をしましょう!
近い将来、全国どこにでも大規模地震が起こる可能性があると言われています。
災害に備え、自分や家族を守るために「家庭内備蓄」をおこないましょう。

事業所内備蓄もお願いします!

家庭内備蓄のポイント
  • 二次災害(震災後の被害)防止のため、医薬品、衛生用品は一定期間分を備蓄しましょう
  • 年4回を備蓄品チェック日として、使用期限のチェックをしましょう
  • 新しいものを備蓄し、古いものから使う、「ローリングストック方式」で備蓄しましょう
  • 医師から処方された慢性疾患薬(降圧剤、糖尿病薬など)は、外出の際には3日分を携行しましょう
JACDS日本チェーンドラッグストア協会 有事対応備蓄啓発キャンペーンより

備蓄品リストを参考にして用意するといいかもしれません。いろいろな備蓄品リストを参考にしながら、わが家の、わが社の備蓄リストを作成してみるのも良いことだと思います。
私もこの機会に、バッグの中に入れなくては。気持ちが多少は安心するかもしれません。家族3人分。年老いた両親。子供達が帰省した時の備蓄。考えて用意することがたくさんあります。
避難路の検証も家族の中で話し合っておくべきですね。
健康・雑学 2013.05.07 (火)
災害に備えて「おくすり」の準備は?
大地震や台風などによる災害が起きた時、一時的に通常の医療が受けられなくなる場合があります。
このようなときのために、日頃から、「おくすり」についても準備をしておくことが大切です。
  1. 日頃から病名や「おくすり」を良く知っておく自分の病名や「おくすり」のことを説明できると、災害時にも的確で、迅速な治療を受けることができます。「おくすり」の説明書を非常持出し袋にいれておくと便利です。
  2. 「おくすり手帳」をもちましょう
  3. かかりつけ医、かかりつけ薬局、薬店をもちましょう
  4. 医療機関からもらう「おくすり」をきらさないようにしましょう
  5. 「おくすり」のおき場所をきめておきましょう


救急箱を準備しておきましょう!
災害によって、医療機関が機能しなくなる場合に備えて、救急箱を準備しましょう。
避難するときは非常持出し袋に入れてもっていきましょう。
準備しておきたい「おくすり」
かぜ薬
胃腸薬鎮痛薬
便秘薬
ビタミン薬
うがい薬
消毒薬
絆創膏
マスク
歯ブラシなど
その他常備薬、「おくすり」を飲むための飲料水


今、家族の中に、年老いた両親がいます。
準備はたいせつです。
見直す機会です。海辺に住んでいるので、いつくるかわからない天災には不安があります。
準備をしなければと、毎日思いますが出来ていないのが現実です。
バッグは用意したので、中身を詰めなくてはいけません。
健康・雑学 2013.05.06 (月)
立夏
立夏とは、しだいに夏めいてくるころのこと。
あおあおとした緑、さわやかな風、気持ちいい五月晴れの季節です。

初候
蛙始めて鳴く
野原や田んぼで、蛙が泣き始めるころ。
オスの蛙が、メスの蛙を恋しがって鳴く声だとか

候のことば
畦の蛙(あぜのかえる)
田んぼの水辺からこんもり盛り上がっている蛙。
田と田の間の畦道を歩いていると、水面へぴょんと飛ぶ、小さな蛙がいるのに気づきます。
人の気配におどろいて、畦の草むらから飛び出します。

一足ごとに畦から飛び出す蛙。
そのたびに子供は佇立し、又あわてて蛙のあとを追ったが、蛙はすべて巧みに彼をのがれて水田へ飛びこんだ。
永瀬清子「蛙」より

旬の野菜
にんじん
免疫力を高めるカロテンたっぷりなのが、にんじんのうれしいところ。
ただし、アスコルビナーゼというビタミンCをこわしてしまう成分があるので、加熱するか、生で食べるときはお酢と一緒に食べると◎。旬は4月~7月、11月~12月です。

日本の七十二候を楽しむより

朝は、冬のカーデガンをまだ着てるのに、もう、立夏がきてしまいました。昨日は、伊勢でひょうが降ったとか。
まだまだ、天気が落ち着きません。
蛙は鳴いていますか?昔の田んぼの畦道を思い出しました。
子供の頃、足もとにぴょんぴょん飛ぶ蛙がいましたよね。
今日は久しぶりに子供たちと公園に行き、ぶらんこに乗ってこいでみました。青空が迫ってくるような不思議な感覚、桜の新緑が目にやきつきました。
健康・雑学 2013.05.05 (日)
鯉のぼりの祭
5月5日は端午の節句
鯉のぼりの風習は、江戸時代からのこと。
滝をのぼって龍になるという鯉の滝登りの逸話にちなんで、男の子の立身、出世を願う武士の家々で鯉のぼりを揚げたそう。
最近では川などにロープを張り、たくさんの鯉のぼりを風に泳がせる祭が全国的に見られます。
その発祥は1979年にはじまった、熊本県杖立温泉の鯉のぼり祭りだとか。
南は沖縄の国頭村から、高知の四万十川、群馬の万場町、石川の大谷川、福島の保原村など、子どもの健康を願う鯉のぼりが、五月の青空にはためきます。

日本の七十二候を楽しむより

子供達の祭ですが、ちまき、柏もちをたくさん買ってしまいました。
5日の夜のお風呂はしょうぶ湯に入ります。
子供の頃は、必ず、5日の日にはいってました。
だから、こんなに丈夫な体に育ったのでしょうか?
健康・雑学 2013.05.04 (土)

青空を見上げていたら、だんだん雲を近くに感じるような、そんな大きな自然に包み込まれる感覚が、夏という季節にはあるのかもしれません。
そして胸に残るのは蝉時雨、風鈴、花火、祭囃子・・・・・。

草にねころんでいると
眼下には天が深い


太陽
有名なもの達の住んでいる世界

山之口獏「天」より
日本の七十二候を楽しむより

今日も夜は冷えます。夏なんてまだまだじゃないと思うような毎日がつづきます。
日本のあちこちで、地震が起きて不安な日々。早く夏が来て安心したい。
おかしな天気、気候。注意深く、おおらかに過ごしたいものです
健康・雑学 2013.05.03 (金)
「物忘れ」
人は年をとるとともに、「物忘れ」することを嘆きます。
「どうして忘れてしまったのか」と後悔」したり、「ボケてしまったんじゃないか」と不安になったりもします。
ただ、「物忘れ」にこだわっている間は、せっかく持っている能力を生かすことができない、ということはいえるようです。「どうせ年だから「どうせ覚えられないのだから」→ このようなマイナスの感情は、新しいことを覚えたり、チャレンジする意欲をなくさせます。このことは年齢とは関係ありません。
20歳前の受験生にしても、「どうせ頭がわるいのだから」「どうせ覚えられないのだから」とマイナスの感情で勉強している人は、いい大学に合格するはずがないのです。人間の脳とはそのようにできています。
だからこそ、何ごとも「年のせいにする人」が一番危険なのです。「どうせ年だから」→ この思いこそ、まさに「物忘れ」の最大の危険因子といってもいいでしょう。
「物忘れ」は、脳の問題ではなく、心の問題であるといえるかもしれません。
「物忘れ」する理由は、年齢とは別のところにあります。
一言でいえば「物忘れ」するようなことは、もともと興味がないからです。
勉強の嫌いな学生がなかなか成績が上がらないのは、勉強に興味がないからです。
記憶には絶対に必要なものと、そうでないものがあるのです。
また、いいこともあれば、悪いこともあるのが人生です。
人が生きていくためには、記憶することは大切ですが、ムダなことを忘れることも同じくらい大切なのです。
「忘れてもいいことを」忘れるからこそ、「忘れてはならないこと」を覚える余裕が生まれる、ともいえるのでしょう

物忘れを90%防ぐ法 医学博士 米山公啓 著より


先日、ブログ作成画面を出せなかった時の不安、苛立ち、心が折れそうなときに、目に留まった本です。
物忘れの理由は、年齢とは別のところにあるなんて文字を目にしたら、俄然、元気になりました。
年のせいだ!という言葉が嫌いで使ってなかったのですが物忘れしない脳」は心がつくる
と、先生が書かれています。希望を持ちます。
いまや、30代でも若い世代から、物忘れの症状を訴える方も少なくないようです。
パソコンの急激な普及によって、人間が「自分の頭」をだんだん使わなくなってきたからだともいわれています。本の中には「脳内ネットワーク」トレーニングという項目もあり、又、読破後にお知らせします。
>
健康・雑学 2013.05.01 (水)


王様野菜「菜花・なばな」
冬にためた老廃物を排泄し活動的な春を迎える

春の訪れを告げる菜花は、ビタミンCの含有量が野菜の中でもトップクラスの春の「王様野菜」
抗酸化作用が高く、かぜの予防や美肌効果が期待できます。
また、腸をきれいにする食物繊維や、塩分の排出を助けるカリウムが豊富な筍(たけのこ)、エネルギー代謝を高めるビタミンB群が豊富なそら豆も、王様に次ぎ優秀な春の「お姫様野菜」です。
「春先に出回る野菜は、老廃物の排泄を促す成分が豊富です。
とくに腸を整える食物繊維や塩分の排出を助けるカリウム、代謝を高めるビタミンB群などが多い野菜はおすすめです」とビューティフードトレーナー管理栄養士 野菜ソムリエ 岸村康代先生。
春の王様&お姫様野菜をしっかり食べて、活動的な春を過ごしましょう。

筍の選び方穂先が黄色で、切り口がみずみずしい物が新鮮。
保存方法 日が経つと硬くなるため、早めに下ゆでして水気を切り、まるごと密閉して冷蔵庫へ。水に浸して保存する場合は毎日水を換える。
調理のコツ穂先は軟らかく崩れやすいため大きめに、根元は硬いため繊維を断つように切ると食べやすい。
体にうれしいポイント
  1. カリウムが余分な塩分を排出し、むくみや高血圧を予防
  2. 食物繊維が腸の中を整え、デトックス効果を促進
  3. チロシン(タンパク質の一種)が脳や神経の働きをサポート
selfdoctorより

菜花のお話は、春の初めころに記事を記載するとよかったのですが、5月というのに肌寒いので、載せてみました。筍は、知り合いの八百屋さんに出てた、ゆでた筍、ふき、いたどりを買ってしまいましたのでこのお話になりました。生節(かつお)をだしに、春の息吹を炊いて食してみようと思います。