FC2ブログ
健康・雑学 2013.01.31 (木)
如月
「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。
  • 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
  • 草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
  • 前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
  • 陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」
  • 他に梅見月(むめみつき)、木目月(このめつき)等の別名もある。旧暦二月は新暦では3月ごろに当たり、梅の花が咲く時期である。ウィキペディアより

第七十二候 雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)
春の到来を感じた鶏が、卵を生み始める時期とされています。
鶏は鳴いて夜明けを知らせるため、日本でも古来、神や悪霊が来往する夜と人間が活動する昼との境目を告げる霊鳥と見なされてきました。「天の岩屋戸神話」でも岩屋に隠れた太陽神・天照大神(あまてらすおおみかみ)を外に連れ出すのに一役買っており、太陽再生信仰との結びつきが見られます。このようなことからも、鶏は、長く暗い冬の終わりと春の到来を期するにふさわしい動物といえるのではないでしょうか。
うつくしい暮らし方研究所より

新しい年の1月は、どんなふうにすごされましたか?
私は年明け早々から、左足から腰にかけてひどい痛みに襲われ1週間苦しみました。そのあと、漢方薬を勧められ、それが良くきき痛みが4・5日でとれていきました。病院に行かねばと思ってましたが、今は、スッキリしています。6日ほど前から今度は、夫がぎっくり腰のような状態になりました。右の腰です。立っていても座っていても、具合が悪く、ウンウンうなってました。私に効き目のあった漢方薬を飲み始め、3日目までは、痛みがひどく、座り込んでしまうこともあり、どうなっていくのか不安な様子でした。4日目にはアレッといい、5日目には痛みがひいたようなと言っています。腰にまだ違和感があるので、こわごわ、動いていますが、痛みもとれ、顔つきも良くなり正常な状態に戻りつつあります。
右が痛い人は120%頑張ってしまう頑張りすぎの人、左が痛い人は、血の流れが悪い状態の人が多いそうです。
痛みの経験お話します。又、お聞きします。ご来店お待ちしています。
スポンサーサイト



健康・雑学 2013.01.27 (日)
感染が疑われるとき!
新型インフルエンザも季節性インフルエンザも、風邪(普通感冒)に比べて症状が急で激しいのが特徴ですが、症状だけで新型と季節性のどちらかを見分けることができません。いずれの場合も咳やのどの痛みなどの呼吸器症状のほか、次のような症状が見られたときは感染が疑われるので、早めに医療機関を受診しましょう。
  1. 急激な発熱(38~40度)
  2. 強い全身症状(悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛、倦怠感、嘔吐、下痢、呼吸困難、息切れ、胸の痛み)


高齢者や2度目の感染の人などでは、こうした症状がはっきり現れない場合もあります。症状が強くなくても、次のような場合には、必ず受診するようにしましょう。持病がある人や妊娠中の人など、重症化するリスクが高い人も同様です。
  • 発熱や下痢、嘔吐、胸の痛みなどの症状が続いている
  • 呼吸困難や息切れがある
  • 地域や職場、学校など、周囲でインフルエンザが流行している
  • 家族にインフルエンザにかかった人がいる
  • インフルエンザにかかった人と接触した(感染する可能性があるのは、発病の1日前~発病後7日目ぐらい)


何回も申し上げますが、インフルエンザの感染を防ぐためには、何か特別なことではなく、手洗いやうがいといったごく日常的な習慣が、大きな効果を発揮します。2009年の新型インフルエンザの流行で大きな被害が出なかったのは、日本人の清潔好きが関係しているといわれるほどなのです。
予防のセルフケア
  1. 原因となるウイルスを寄せ付けない
  2. 体の抵抗力を落とさない


ウイルスなんかに負けない体力作り、感染を広げないために、予防と早期の受診をこころがけてください。
健康 2013.01.24 (木)
インフルエンザ
今年もインフルエンザの季節がやってきました。
感染経路
  1. 飛沫感染:インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみに混じったウイルスを吸い込む
  2. 接触感染:ウイルスが付着したものに触れ、その手で目、鼻、口などに触れることによる

以上の経路でウイルスが体内に侵入しても、ウイルスに対する抵抗力があれば感染を防ぐことができますが、抵抗力が落ちていると感染しやすくなります。
過労や睡眠不足や栄養の偏り、ストレスなどは、抵抗力を低下させる原因となりやすいので注意が必要です。
インフルエンザ予防のお知らせが厚生省からでています。参考にして下さい。

家族がインフルエンザにかかった時
  • 家庭内では別の部屋に寝かせる
  • 接するときはマスクをつける
  • 看護をした後は、必ずうがいをする
  • 部屋は適切な温度と湿度(50~60%)を保ち、1~2時間おきに窓を開けて換気する
感染を広げないためには、インフルエンザにかかったことを職場や学校、保育所などへ告げる必要があります。
自分がかかった場合も含め、どのタイミングでいかに通知するべきか医師に相談し、支持を仰ぎましょう。
seif doctor一部参照
こまめな手洗いとうがいを励行し、ウイルスを寄せ付けないようにしましょう。
体の抵抗力をおとさないように、栄養バランスの良い食事と十分な睡眠をとり、過労やストレスをさけて下さい。

健康・酵素・ダイエット 2013.01.18 (金)
腸内環境(腸内善玉菌の働き)

①体を病原菌の感染から守る
②腸の内容物の腐敗を防ぎ、腸内環境を整える
③乳酸や酢酸などの有機酸を作り出し、腸の運動を促す
④免疫力を強化する
⑤ビタミンB群をつくる
⑥下痢を予防し改善する
⑦発ガン物質を分解する
⑧アレルギー症状を抑える
腸には約500種類100兆個の腸内細菌が住みついています。
善玉菌:体に有益な働きをする乳酸菌
悪玉菌:体に有害な働きをするウェルシュ菌
善玉菌>悪玉菌・・・腸の働きは活発になって便の排泄もスムーズ
善玉菌<悪玉菌・・・腸の働きは衰えて便秘や下痢が起こりやすくなる
善玉菌と悪玉菌のバランスが大切なのです。

善玉菌を増加させ、腸内環境を改善するする方法のご相談をお待ちしています。免疫力、抵抗力、自然治癒力の向上をめざします。

寒い日が続きます。前におすすめしました
靴下の重ね履きが当たり前になっている人、実行してますか?「第二の心臓」ふくらはぎの運動です。ふくらはぎの筋肉は伸び縮みして、血行を促進しているのです。「大切なのは、外から体を温めることだけでなく、体の中から自分で熱を発すること」
1.つま先を伸ばす
2.つま先を上げる
椅子に腰を下ろした状態で、つま先の上げ伸ばし(各5秒X5回)
かかとの上げ下げ運動10回X3セット、足首回し左右各5回
毎日の小さな運動でロコモ予防になります。冷える冬を乗り切りましょう。
健康 2013.01.09 (水)
ノロウイルス
ノロウイルスの特徴
・食品中では増殖せず、人の腸管内で増殖する
・症状:嘔吐、下痢、発熱 潜伏期間:1~2日
・数個~100程度の少ないウイルス量で感染・発病する。→感染力が強い!
・感染者の糞便や嘔吐物から二次感染を起こす
・ウイルスを不活化するには、加熱や次亜塩素酸ナトリウムが有効(消毒抵抗性が強く、アルコールや逆性石けん では死活しません)
感染源
・感染者の糞便や嘔吐物を介して、人からひとへの感染
・ノロウイルスに汚染された食品や飲料水、調理器具
・二枚貝の生殖
ノロウイルス対策
・食品の加熱調理(中心温度85度C1分以上)
・調理器具は使用後十分に洗浄・消毒する
・手指を介した感染防止のため、手指を石けんで15秒以上揉み洗いを行い、流水で洗い流す。特に指先・指の  間・親指を洗い残さないように気をつける
腸の免疫力を高めることは、ノロウイルス対策でもあります。
次回は腸の免疫力について紹介したいと思います。
健康 2013.01.05 (土)
第六十七候 芹乃栄(せりすなわちさかう
小寒(しょうかん)「寒の入り」ともいわれ、世の中では「寒中見舞い」が贈り交わされます。言葉の上では、この後に来る「大寒」のほうが寒気の強さを表していますが、「小寒の水、大寒に解く」という言い伝えもあり、むしろこの小寒の時期のほうが、より寒気が意識されるかもしれません。
春の七草のひとつとして知られる芹は、冷たい沢の水辺で育ちます。『日本書紀』に「せり」の名がみられるほど、古くから私たちになじみのある食材です。
『万葉集』に「あかねさす昼は田賜(たた)びてぬばたまの夜の暇(いとま)に摘める芹これ」という歌があります。これは芹を摘んで意中の女性に贈った男性の歌で、「昼間は仕事で忙しく、ようやく夜になってからわずかな暇をみつけて摘んできたのがこの芹ですよ」という心。昔も今も、季節の風物を人に贈り、ともに楽しむのは、変わらぬ日本人の美意識なのでしょうか。
今日のこよみより
せりの栄養素(食材100g当り
・食物繊維が2.5g
・ビタミンAが1,900μg
・鉄分が1.6mg
・ビタミンCが20mg
せりの健康効果
せりは、密生し、競り合って生えることから名付けられた彩りと独特の香りを持つ葉物の野菜である。せりに含まれる栄養素には代表的なもので、ビタミンA、C、カルシウム、鉄分、食物繊維を持ち、和え物にして酒のつまみにすると飲酒後の熱を取る、生の絞り汁を飲むと鼻血、歯茎からの止血に効くなど、昔から様々な効用が伝えられている。
他にもせりには、刻んで熱湯を注ぎ、お茶代わりに飲むと利尿作用があり、膀胱炎によいとされている。また、高血圧、便秘、身体を温め、体力増強、血を清浄に保つ効果がある。さらに、せりの葉を四~五枚揉みつぶした青汁を、しもやけ・凍傷の場合患部によく塗り込むと効果がある。他に胃ケイレン・セキ止め・解熱・神経痛・黄疸リュウマチなどの症状を緩和する働きがある。
せりは本来、香りと彩りを楽しむもの。薬味として、正月の雑煮の他にも酢の物、雑炊、茶碗蒸などに添えるのが一般的だ。ただし、味や栄養分を損なわないよう煮過ぎに注意したい。
健康・酵素・ダイエット 2013.01.04 (金)
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年も、皆様のお役にたてる健康、ダイエット情報等発信していきます。

第六十六候 雪下出麦
読み方:  ゆきわたりてむぎいずる

七十二候の一つ。二十四節気の冬至の末候にあたり、12月27日~1月4日ごろに相当する。季節は仲冬。雪下出麦は、それ自体としては「雪の下で麦が芽を出す」などといった意味。また、冬至の初候は「乃東生」と言い、次候は「麋角解」と言う。なお、雪下出麦は「略本暦」における呼び名であり、元となった中国の宣明暦では「水泉動」と呼ばれ、「地中で凍った泉が動き始める」などといった意味である。
提供 実用日本語表現辞典 URL http://www.practical-japanese.com/


お正月にあたるこの時期、一面の雪景色となる地方も多いことでしょう。その厚い雲の下で、春を待つ麦は、もうひっそりと芽ぶき始めているのです。
麦は環境適応性が大きく、全世界人口の約半数が食糧としているとされます。食用にされる品種は、中東の原産といわれ、基本的には秋に種をまいて、翌年の初夏に収穫する作物として、世界的に栽培されています。
今日のこよみより

今日はよく冷えます。のどがイガイガする。お布団に入ると咳が出る。という方が増えてきました。部屋の換気をして、湿度をあげてください。当店では、喉の痛い方、風邪のひき始めなど症状に応じたお薬をすすめさせていただきます。是非、ご相談を、お待ちしています。